HOME > TJCROとは



Tokyo Joint Centers of Radiation Oncology (TJCRO)は広く「がん」という問題解決に寄与することを目標に、
① 放射線腫瘍医の確保と教育環境の整備、ネットワークの構築
② 日本の担がん患者へ適切な放射線治療とその機会を提供すること
③ 世界の放射線腫瘍学研究のデータ蓄積に寄与すること
を活動の趣旨としております。



第一章 総則
第一条 本会は、Tokyo Joint Center of Radiation Oncologyと称する。
第二条 本会の事務局は会員名簿の整理、会費の管理等研究会の運営に必要な諸事務をおこなう。尚、本会の事務局を下記におく。
事務連絡責任者: 齋藤 アンネ優子
順天堂大学 医学部附属 順天堂浦安病院 放射線科  内
〒279-0021  千葉県浦安市富岡 2−1-1 TEL:047-353-3111(内線:6276)

第二章 目的
第三条 本会は、以下により若手医師、医学生に放射線治療の理解を高めることを目的とする。
1.がん治療についての教育講演
2.放射線治療の一般的な症例報告
3.若手医師、医学生の日頃の疑問点などに答える質疑応答
4. 会員相互が広く意見交換し、かつ親交を広める

第三章 事業
第四条 本会は、前章の目的のために次の事業を行う。
1.研究会を 年2回 開催する。
2.その他本会の目的を達成する為に必要な事業を行う。

第四章 会員
第五条 本会の会員は、都内の放射線治療に関る放射線科医を対象とする。
第六条 会員は、本会の企画する研究会および各事業に参加することができる。

第五章 役員
第七条 本会には次の役員をおく。新たな役員は、幹事の推薦により役員会で決定する。
代表幹事は顧問を推挙し、顧問は幹事会に出席し、意見を述べることができる。
1. 顧問 2 名
2. 幹事 2 名
3. 会計 1 名
4. 会計監査 1 名
5. ホームページ管理 1 名

第六章 役員会
第八条 役員会は本研究会の議決機関とし、顧問、幹事、事務局で構成され、必要に応じて代表
幹事が召集する。
定例の幹事会は、研究会と別の日に開催し、研究会の運営方針を決定する。
開催地、期日等は幹事会に諮って定める。

第七章 会計および会費
第九条 本会は、会費として研究会開催時に、医師の参加者から1000円徴収する。
第十条 会費は、本会の運営経費に当てる。
第十一条 本会の収支予算および収支決算は、毎年事業年度終了後に会計が作成し、会計監査の監査を受ける。その後、役員会の審議を経た上で、研究会開催時に代表幹事より会員へ報告する。
第十二条 本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第八章 その他
第十三条 本会則の変更は、役員会に諮り決定するものとする。
第十四条 本会則は、2015年1月1日より施行する。
第十五条 本研究会の会員名簿および役員名簿は、本研究会で利用する案内状の送付など本研究会の円滑な運営を利用目的とし、外部には一切提供しないこととする。

2015年1月1日 制定



1.役員 (敬称略・五十音順)

【顧問】(五十音順)
加賀美 芳和  昭和大学 放射線治療科 教授
笹井 啓資  順天堂大学 医学部 大学院医学研究科 放射線医学教室 放射線治療学講座 教授

【幹事】(五十音順)
齋藤 アンネ優子 順天堂大学 医学部 大学院医学研究科 放射線医学教室 放射線治療学講座 准教授
新城 秀典  昭和大学 放射線治療科 講師
吉村 亮一  東京医科歯科大学 画像診断・放射線治療科 教授 

【会計】
中代 真弓 順天堂大学 医学部 大学院医学研究科 放射線医学講座 大学院生

【会計監査】
戸田 一真 東京医科歯科大学 画像診断・放射線治療科 講師 

【ホームページ管理】
村上 幸三 昭和大学 放射線治療科 助教