HOME > 第6回TJCRO 2014/12/15

2015/07/03

第6回TJCRO 動画あり!(連絡先にお問い合わせ下さい)

第6回TJCROは、長崎大学原爆後障害医療研究所の鈴木啓司先生に御講演いただきました。講演後にコメントをいただきましたので、掲載させていただきます。

*********************************************************

 第6回TJCROセミナー(2015年7月3日開催)でお話をさせて頂きました長崎大学原爆後障害医療研究所の鈴木啓司です。この度は、縁あって皆様の前でお話することになりましたが、ご招待頂きました斎藤アンネ優子先生および新城秀典先生には、改めて感謝申し上げます。
 今回は、『”””め”で観て”こころ”で感じる放射線治療効果』というタイトルで、放射線エネルギーの吸収から、DNA損傷の生成、DNA損傷に対する細胞の応答と細胞死の誘導までのプロセスについて講演をさせて頂いたのですが、特に、53BP1という分子マーカーを用いる事により、長高感度でDNA二重鎖切断が検出できる事、また、固形腫瘍由来の細胞では、アポトーシスよりも老化様細胞死が有意に誘導されるという事実の説明に、特に時間を割いてご紹介をさせて頂きました。がん細胞では、実に多様なプロセスを経て老化様細胞死に至る、その様を、ライブイメージング技術(動画)を駆使してお見せしましたこと、今でも皆さんのこころの中に鮮明に息づいている事と思います。放射線照射を受けたがん細胞の中で起きているこの多様なプロセスを知り尽くすところに、これからの放射線治療の高度化のカギが隠されています。是非、臨床と基礎に係わるそれぞれが共に手を取りあって、一緒に研究を進めていこうではありませんか。
 最初に乾杯で始まる会は、もちろん生まれて初めてで、でも、会場で皆さんが見せてくれた、きらきらと輝く瞳はとても印象的で、放射線治療の未来は、きっと明るく輝くものであると信じてやみません。臨床の忙しい中で研究にも取り組む、そんな皆さんの真摯な姿を知り、何とかしてそのお手伝いができないかと思っております。何かお役に立つ事がありましたら、何でも、どんなことでも結構です。是非、ご連絡下さい

*********************************************************

第6回TJCRO アンケート結果

第6回TJCROに参加していただいた皆様にアンケート行いました。
結果をグラフ化したものを載せます。

*********************************************************
第6回TJCRO参加前














第6回TJCRO参加後














Q5.全体を通して、TJCROはいかがでしたでしょうか?
・基礎研究に興味が出てきました
・放射線治療のみではない様々な方面からの癌医学は毎回勉強になってます
・久しぶりに生物の話を聞いて新鮮でした。また少し勉強してみようと思いました。
・質問が難しかった
・画像や動画、図などを使っていて非常に印象的な講演でとても分かりやすかったです。放射線治療の
細かい機序について全く知識が無かったので大変勉強になりました。
・Beerがすばらしかった。おつまみがあればもっとリラックスできると思いました。
・老化様細胞死というアポトーシス以外の経路が存在することが印象的でした。老化様細胞死後の
免疫応答に特徴があるのか興味をもちました。ありがとうございました。
・分かっていないことがまだまだ多く、研究テーマが多く興味深い分野だと思いました。
・生物学のレクチャーはとてもためになる


第6回TJCROに参加していただいた皆様、ご協力ありがとうござい
ました!
*********************************************************