HOME > 第8回TJCRO 2016/06/24

2016/06/24

第8回TJCRO 

第8回TJCROは、日本赤十字社医療センター化学療法科部長の國頭 英夫先生に御講演いただきました。講演後にコメントをいただきましたので、掲載させていただきます。

*********************************************************

日赤医療センターの國頭です。
6月24日には、長時間にわたる私の与太話をTJCROセミナーでお聴きいただき、お疲れさまでした。
講演 の内容そのものは、セミナー冒頭で述べた理由によりここに再掲することはできないのですが、懇親会に会場を移しての席ではありましたが非常に多くの質問をいただき、驚いております。ただでさえ私の講演は、必要以上に断定的な物言いのため、質問を抑え込む傾向があるようですし、TJCROでは会員のeligibility criteriaから若い出席者が多いので、まあ誰も何も聞いてくれないだろうなと考えておりました。
しかるに、学生さんでさえ何人も堂々と私に向って来られるのを目にして、まことにいい度胸であると感心しました。世話人の齋藤アンネ優子先生達が教育にかける情熱がよほど素晴らしいのか、もともとヘンな学生ばかり集まって来たのか、もしくはその両方なのだろうと推察しております。
講演でもお話ししましたが、私は看護学生は大好きですが、医学生は嫌いです。また日本の医療の崩壊は旦夕に迫っていて、その時ナースは生き残るが医者は消滅するだろうと本気で思っています。その基本思想は今でも保持しておりますが、もしかしたら、あと1~2回このセミナーに呼ばれた暁には考えが変わってくるかも知れません。
またお会いしましょう。
*********************************************************

第8回TJCRO アンケート結果

第8回TJCROに参加していただいた皆様にアンケート行いました。
結果をグラフ化したものを載せます。

*********************************************************
第8回TJCRO参加前











第8回TJCRO参加後









Q5.全体を通して、TJCROはいかがでしたでしょうか?
・他では聞けない貴重なお話を有難うございました。今後に生かしていきたいと思います。
・非常に興味深いお話でした。臨床実習をしていると患者さんとのコミュニケーションの大切さを痛感することが多いので、今日の内容を忘れないようにしたいと思います。平日の18時以降、御茶ノ水ですと順天堂の学生は参加しやすいと思います。
・今回初めて参加させていただきました。どんな感じなのか分からず不安な部分もありましたが、実際に参加してみて、どのように患者さんに対応すればよいのか、何が悪いのかを映像とともに理解できて大変勉強になりました。
・大変興味深い話でした。
・ドラマを交えた分かりやすい告知のあり方を学ばせていただきました。國頭先生の軽快な語り口で90分間あっという間でした。
・今回の公演が非常に興味深く時間もあっという間でした。
・元々、「里見清一」先生のファンだったのでとても充実した時間となりました。有難うございました。
・カールシュ+イダンさんの名言がよかったです。
・里見先生に本日お会いするまでどのような方なのかとビクビクしていましたが、講義は終始引き込まれっぱなしでした。本日はこのような貴重な機会を提供してくださり有難うございました。
・普段触れないテーマの講演で非常に楽しめました。
・普段は忙しかったりなどで自発的に勉強しようと思って出来なかった分野のお話で良かったです。
・日々の診療で自分に思い当たる節がたくさんありました。今後の診療に生かしたいと思います。ありがとうございました。
・大変面白かったです。
・部屋が寒かった。私は笑顔で有難うございますと言って贈り物をいつも受け取っています。
・学生さんの熱心な質問を聞いて新たな気持ちで仕事に向かおうと思いました。

第8回TJCROに参加していただいた皆様、ご協力ありがとうござい
ました!
*********************************************************